おんころのたね・その5「不連続な生き方」

(2018/1/27の「おんころカフェ」より)

1.人生の「理由」
福祉系のNPOでボランティアをやっています。そこの理事長がぼやいていました。NPOを始めた理由を尋ねられて、困るのだそうです。大学では福祉系の学部に行った。卒業後、福祉施設の職員になった。だから、独立して福祉系のNPOを起こした。――そういうと、「なるほど」と言ってもらえる。だけど、自分ではその説明に納得していない。そんなに一直線の人生と思っていないのです。

“おんころのたね・その5「不連続な生き方」” の続きを読む

3月24日(土)おんころカフェのご案内

みなさま、こんにちは。

ここのところ少し冷えますね。
お変わりなくお過ごしでしょうか。

今日、ある方から春に咲く花を一つ教えていただきました。
『白木蓮(ハクモクレン)』という真っ白な花です。
みなさまはご存知でしたか?

梅や桃、桜のピンクも美しく好きですが、
白木蓮の真っ白な花びらに強さと潔さと優しさを感じました。

さてさて、3月のおんころカフェのお知らせです。

日 時:3月24日(土)14:00〜
場 所:大阪大学医学部附属病院 オンコロジーセンター棟4階
地図はこちら
※土曜日は阪大病院がお休みのため、病院「正面玄関」左手の患者入退院出入り口から院内に入り、突き当りを右にまっすぐ奥まで進むと、オンコロジーセンターへつながる廊下が見えます(休日のため院内のところどころ消灯されています)。
進行役:中岡成文(一般社団法人「哲学相談おんころ」代表理事、元大阪大学文学研究科・臨床哲学、同医学系研究科・医の倫理学)
対 象:がん、難病の患者さまとそのご家族
その他:参加費無料、事前申込不要、途中参加・退席自由です。お好きなお飲み物をご持参下さい。

皆さまにお会いできることを楽しみにしています。


お問い合わせ:info@oncolocafe.com

 

書籍のご案内『対話する医療 ─ 人間全体を診て癒やすために』(孫大輔著)

おんころ対話研究会にご協力をいただいている孫大輔さんのご著書が出版されました。ご本人のメッセージとともにご紹介させていただきます。

 

『対話する医療 ─ 人間全体を診て癒やすために』
(孫 大輔 著/さくら舎)>> 詳細

“書籍のご案内『対話する医療 ─ 人間全体を診て癒やすために』(孫大輔著)” の続きを読む

2月24日(土)おんころカフェのご案内

みなさま、お変わりなくお過ごしでしょうか。

毎日、気温は低いままですが、日暮れは少し遅くなっていますし、日中の日差しにも少し春を感じますね。

春まであと少し。。。待ち遠しいです。

さて、2月のおんころカフェは、以下のとおり開催いたします。

日 時:2月24日(土)14:00〜
場 所:大阪大学医学部附属病院 オンコロジーセンター棟4階
地図はこちら
※土曜日は阪大病院がお休みのため、病院「正面玄関」左手の患者入退院出入り口から院内に入り、突き当りを右にまっすぐ奥まで進むと、オンコロジーセンターへつながる廊下が見えます(休日のため院内のところどころ消灯されています)。
進行役:中岡成文(一般社団法人「哲学相談おんころ」代表理事、元大阪大学文学研究科・臨床哲学、同医学系研究科・医の倫理学)
対 象:がん、難病の患者さまとそのご家族
その他:参加費無料、事前申込不要、途中参加・退席自由です。お好きなお飲み物をご持参下さい。

皆さまにお会いできることを楽しみにしています。


お問い合わせ:oncolocafe@gmail.com

 

おんころのたね・その4「世界が滅びる前に」

(2017/12/23 の「おんころカフェ」より)

1.りんごの木を植える
突然ですが、明日世界が滅びるといわれたら、あなたは何をしますか。死ぬ前にさんざん好きなことをしてやろう。そう思わなくもないでしょう。ところが淡々と、ゆうゆうと、次のように語る人がいました。「明日世界が滅びるとしても、私は今日、私のりんごの苗木を植えるだろう」。

“おんころのたね・その4「世界が滅びる前に」” の続きを読む