おんころのたね・その1「フレームをはずす」

(2017/9/16の「おんころカフェ」より)


1.フレームframe――物事を考えるわくぐみ

私たちが物事を考えるときの枠組みを、英語でフレームといいます。社会の一員として成長するとき、私たちは「常識」を身につけていきます。暗黙のうちに私たちが従う、ルールのようなものですね。私の私らしさ、個性、それも一種のフレームかもしれません。「私はこんな人間だ」とか、「私の好みはこれこれだ」と自分で思い、他の人にもそう公言します。 “おんころのたね・その1「フレームをはずす」” の続きを読む