第3回 哲学プラクティス連絡会での実践報告

10月22日(日)、台風が近づく不安定な気候のなかではありましたが、第3回哲学プラクティス連絡会(於:立教大学)にて、おんころカフェの実践報告をいたしました。大づかみには、

 (1)おんころカフェの特徴の紹介
 (2)テーマと語られた言葉
 (3)参加された方の感想(「無言の語り」について)
 (4)これからの展望
 (5)質疑応答

 といったものです。

まず、(1)おんころカフェの特徴、についてです。

これはがんや難病の患者さんやそのご家族との対話の場をひらき続けている、といったところにあります。身近な病や、それにまつわる苦労について、じっくりと対話をする場というのは、なかなかないのではないでしょうか。 “第3回 哲学プラクティス連絡会での実践報告” の続きを読む